モバイルゲームの大まかな歴史

モバイルゲームの概要

ギャンブルの世界を一変させた出来事は、インターネットの到来でした。オンラインギャンブルが生まれ、ギャンブルが一般の人々に身近になりました。今や誰でも自分の家で快適にカジノを楽しむことができるようになりました。それに必要なものはコンピューターとインターネット接続だけです。21世紀の目覚ましい技術の進歩とスマートフォンの登場によって、ギャンブル産業にさらなる革命が起き、モバイルカジノ産業が誕生しました。今日、ほとんどのオンラインカジノ業界の大手は独自のモバイル製品を持っています。(japancasinos.mobi )

 

モバイルゲームの歴史に入る前に、この用語自体が何を意味するのか見てみましょう。モバイルゲームやモバイルカジノゲームは、プレイヤーが自分のモバイルデバイス上でカジノのゲームに直接アクセスすることを可能にするギャンブル形態を指します。ご利用可能なモバイルカジノでゲームをプレイするのに必要なものはスマートフォンだけです。モバイルゲームの人気が急速に高まる中、モバイルカジノの数も確実に増えてきました。では、それはいつ始まったのでしょうか。モバイルゲームの人気が増してきたときに最初に検索の優位性を楽しんだのは誰でしょうか。このブログでは、そのすべてをお見せしましょう。

 

モバイルカジノゲームの始まり

最初のモバイルゲームは1994年に登場したテトリスでした。このモバイルゲームは、ノキアが大成功を収めたもうひとつのモバイルゲーム『Snake』を発売した後、1997年12月にHagenuk MT-2000に搭載されました。しかし、これらはモバイルデバイスでプレイ可能な単なるモバイルゲームであり、モバイルカジノゲームではありませんでした。スマートフォンの到来とともに、通信技術が急速に発達し、オンラインカジノゲームも必然的にモバイルフォンへの展開を余儀なくされました。

3G、4G、およびWi-Fiの技術により、携帯電話でのインターネット・アクセスが可能になりました。これは、モバイル版カジノゲームのダウンロードに必要なインターネット速度と技術が利用可能になったことを意味します。これが、オンラインカジノのソフトウェア・プロバイダーによるモバイルカジノ・ソフトの作成というまったく新しい方向性を生み出すきっかけとなりました。新たにソフトウェア・プロバイダーも生まれ、その中にはモバイルカジノを専門にするものも出てきました。今日では、iOS、Android、Windows、およびブラックベリーの4大プラットフォームでモバイルカジノゲームを楽しめます。

 

モバイルゲームの歴史:iOS Vs. Android

2008年のApple社のApp Storeの登場はモバイルカジノゲームの発達のきっかけとなりました。すべてのAppleユーザーがアクセスできるようにと、最初のモバイルカジノゲームがiOSプラットフォームをターゲットとしたのは当然最初も覚えるカジノゲームのiOSプラットフォームをターゲットとしたのは当然のことでした。Androidプラットフォームの人気が爆発は、Androidプラットフォーム用のモバイルカジノゲームが人気になる程まで状況を一変しました。実際のところ、複数のプラットフォームから電話やデバイスを受け入れることができるAndroidプラットフォームは支配的になりました。

 

当初、ソフトウェア・プロバイダーは特定のプラットフォーム用の専用アプリを使っていました。しかし、これには問題がありました。特定のプラットフォーム専用の製品を作ることは、ビジネス向きのオプションではありませんでした。そして、モバイルゲーム業界は次の段階に進みました。ソフトウェア・プロバイダーがクロスデバイスの互換性を確保するためにHTML5を導入したのです。その唯一の基準は各デバイスがHTML5との互換性を持つということでした。今日、プレイヤーの方々にモバイルゲームを提供するモバイルカジノは多数存在しています。